こんばんわ、カリムです。

ドル円日足チャートを見ると112.50~115.50ラインの

中に長くおさまっていてレンジ状態が

継続中ですね。

早くレンジを抜けてほしいものです。

 

さて、今日は皆さんに分り易い

テクニカル解析についてです。

 

普段環境認識は大切ですよと、

記事にも書いたりしますが,

 

どのように環境認識をしていけば

いいのか分らない人も

いると思います。

 

そこで、今日はポンオージーのチャートを

使って解説したいと思います。

 

画像はポンドオージーの日足で、

多くのトレーダーがどこに注目しているのか?

トレンドラインや水平線を使うとより

明確にトレンドが発生しているのか

レンジなのかはっきりしてきますね。

 

〇〇ラインが優れているということを

言っているのではなく、どのポイントが、

 

あくまで意識されているかいないかで

判断しそれがたまたま水平線であり、ネックラインであったり

トレンドラインであったりする訳です。

 

このチャートではトレンドライン上で2回反転(反発)している

事実を客観的に発見し3度目もありえる確率が高いと

分析してチャートを監視します。

 

そして、思惑通りの展開になってきたら

小さい足に移行してマイルールに従い

エントリー、利確するのが有効な環境認識と

テクニカルトレードですね。

 

長く相場で生き残るにはこのような

テクニカル分析が有効な通貨ペアや環境認識、

シンプルなトレードシステムをチョイスする事が、

重要になりますね。

 

ご参考にどうぞ

ではまた…..


人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村