こんばんわ、カリムです。

 

今日は、フランス大統領の不安要素や

アメリカ市場が休場のため

 

低ボラティリティで方向感のない

マーケット動向ですね。

 

こんな時は無理しない方が良いと思います。

 

さて、今日のブログはカリムコラムで、

成功する人とそうでない人の感情のコントロールについて

お話ししたいと思います。

 

突然ですが、

皆さんも経験あるかもしれませんが、

ある投資セミナーに参加したり

 

人から成功体験など聞いて

よし自分もと気合を入れて

 

2~3日は興奮しているけど、

その後は普段の生活に戻ってしまい

 

ヤル気もどこかへ飛んで行って

しまった経験があるのでは

ないでしょうか?

 

カリムもよく経験しました。笑

 

ここで気が付かないのは

感情というものは放っておいても持続するものだと思い込んでいる

ということです。

 

例えば、誰かを好きになったとき

この恋は永遠だと思い

 

熱い感情が湧いてきたのを覚えていると思います。

やがてその熱もさめてしまうのに

 

(いや、これほど好きなのだからこの恋は永遠に続くはずだ)と

勘違いしていまう人が多いですね。

 

そういう人ほど気持ちが冷めると態度まで変わり

一時的な感情に振り回されているだけなんです。

 

感情というものは放っていたら

消えてしまうものだと理解する必要性があります。

 

では放っておいたら消えてしまう感情を持続するにはどうしたらよいか!

 

素朴な疑問が湧いてきますね。

それは、

消えゆく感情を定着させる事をしないといけません

例えば、誰かにメールアドレスを聞いた時

 

忘れないようにすぐメモを取るか携帯に入力しますね。

 

それと同じで気分が高まったときやモチベーションが

上がったときなどにもその感情を消えないようにする

方法があります。

 

それは、

 

感情を行動に変えること

 

なのです。モチベーションを持ち続けられる人(成功する人)は

その場で即行動に変えることが習慣になっていて

うじうじしている方がストレスになります。

 

反対に(成功しない人)はいい話やいい講義を聞いても

その場だけ(よかったな)

 

と思うだけでそれだけで終わってしまう。

 

そのうちやってみよう。。。

機会があったら…….

気が向いたら…..

 

と言い訳して行動しないのです。(変化を恐れる)

 

成功するトレーダーはどちらのタイプなのか

もうお分かりですね。

 

インプット(勉強、検証)→思考(エッジをみつける)→アウトプット(行動)

これが成功法則です。

常勝トレーダーになる近道ですね。

ちょっとした勇気、好奇心、行動力を大切にしよう。

 

ではこの辺で

今週もハリキッテ頑張りましょう!


人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村