こんばんわ、カリムです。

日米首脳会談が終了し

結果は皆さんご存知のように

無難で円滑な会談だったようです。

 

一方週明けマーケットの方は、

大きなサプライズも無かったことから

円安に進むもの動きも限定的ですね。

 

早くもマーケットは次のイベントに

注目が集まっているようです。

 

今週のイベントをチェックしておきましょう。

 

2/14 火曜日

24:00 (米) イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長、発言

2/15 水曜日

22:30 (米) 1月 消費者物価指数
22:30 (米) 1月 小売売上高
24:00 (米) イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長、発言

 

トランプ大統領が就任して初めての

イエレンFRB議長の発言には注目です。

 

以下引用

イエレン議長が議会証言でタカ派寄りの姿勢を示せば、ドル高に弾みが付く可能性が高い。そうなれば3月の米利上げの確率は現在の約30%から50%に近づくだろう。ブラックロックのリック・リーダー氏は、米景気拡大を背景に当局が雇用とインフレの2つの責務の達成に近づいている状況を踏まえれば3月利上げは「討議の対象」との見方を示した。

トランプ大統領が税制プランを明らかにすると約束した2、3週間後は、大統領による両院議会演説の時期と重なる可能性があり、ドルの先高観の持続につながりそうだ。リフレ相場が再燃し、米金融当局者が年内3回の利上げを見込む金利予測分布図(ドット・プロット)に沿う動きを見せれば、長期間持続するドル高基調となる可能性が高い。

 

2/16日 木曜日朝からの値動きが

楽しみです。

では今週もハリキッテ頑張りましょう。

ではまた..


人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村