こんばんわ、カリムです。

 

ここ最近、予想通りトランプ大統領がニュース記事の

主役になっていますが、トランプ大統領に対する

悲観的な報道が中心ですね。

 

彼の発言を見てみると、乱暴な政策のように

聞こえますが、

よく考察してみるとシンプルな政策で分かりやすいです。

まず、

アメリカ白人低スキル(低学歴)労働者雇用の創出

保護主義による中国封じ込め(経済失速を狙い軍事力の抑制)

(過激な発言はその為であると言われています。)

 

そして、メキシコに対し国境税の創設の狙いもありますね。

 

貿易収支は一国の投資と貯蓄のバランスで決まるものであり

国境税は直ちには投資や貯蓄には影響を与えないので、

貿易収支は変わらいようです。

 

では、国境税導入の効果を相殺する為替の変化が

当然の事として起きる事になり20%の法人税、

20%の国境税が創設されるとすれば、

ドルは25%上昇するはずということになると言われています。

 

日本でも、日本車に関税が掛かれば、

円の価値は下落し円安ドル高になるので、

まだまだドル円は上昇する可能性がありますね。

 

さて、今週のイベントを確認しましょう。

1/31 金曜日

15:30 (日) 黒田東彦日銀総裁、定例記者会見

 

2/1 水曜日

22:15 (米) 1月 ADP雇用統計 [前月比]
28:00 (米) 米連邦公開市場委員会(FOMC)、終了後政策金利発表

 

2/3 金曜日

22:30 (米) 1月 非農業部門雇用者数変化 [前月比]
22:30 (米) 1月 失業率

 

今週は雇用統計発表やFOMCでイエレン議長の発言に

注目です。

今週もハリキッテ頑張りましょう。

ではまた…


人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村