こんばんわ、カリムです。

今日は季節外れの暑さで着るものや

体調管理が大変です。

これで急に冷え込むと風邪引きそうですね。

 

さて、今日はトレード出来るポイントが無いので

カリムコラムです。

 

今日のお題は「損は切って利を伸ばす」です。

 

まず、利益確定の際は感情とは無関係なのです。

 

成功しているトレーダーに共通することは、

利益を出すか、損を出すかではなく、

自分のシステム(マイルールに従ったエントリー&出口戦略)に

従うことに集中しているのです。

 

出口戦略は成功しているトレーダーのシステムの

ほんの一部にすぎません。

 

マイシステムを破った出口戦略で成功はありませんね。

 

マイシステムを持っていないか持っていても守れない

トレーダーは、損の出ているポジションをいつ切ればよいのか?

あるいは利益が出ていてもいつ利確するのか?判断出来ないで

慌てます。

 

一般のトレーダーは、利が乗っていても損が出ていても

不安に襲われます。

 

利が乗っている間は、そのうち反転して利益が吹き飛んでしまうのではないか

と心配し始めます。

 

そして、不安を解消したくて微益でも利確してしまう。

 

 

また、損が出ているときは単なる計算上の損失なので、

手仕舞いしない限り本物の損ではないと自分に言い聞かせてますね。

 

更に損が膨らんでくると、レートが建値まで戻って来たら手仕舞うと

決めます。

 

戻りを待っていてもなかなか思うようにいかない場合

もっと損失が膨らんでしまうのではないかと不安になり

そこで初めて損失を確定しますが、

往々にしてそこが底値や天井圏だったという事になります。

 

結果は損大利小になり落ち込みますね。

 

成功すると決めたらマイシステムを

いつ何時でも貫き大切な資金を守って

いつか来るホームランを待ちましょう。

 

今日はこの辺で

ではでは…

 


人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村