こんばんわ、カリムです。

今日は健康診断に行ってきましたよ。

 

血圧の数値で上110、下68 と問題ないようで

ウエストも81cmでメタボもクリア

 

ちょっと気を抜くとすぐに引っかかってしまうので、

注意が必要ですね。(アブナイアブナイ)笑

 

さて、今日のマーケットの方は、

米ドルが強いようで、ドル円が102.80付近

金/ドルが昨夜から一時45ドル下落して1272ドルで推移しています。

 

さて、今日はカリムコラムです。

 

お題はマーケットの旬の時期について

株式相場では取引時間に制限がありますが、

 

為替相場の場合は、月曜日から土曜日朝まで

24時間取引可能です。

 

これだけの時間、気力の集中、緊張感の維持を保つのは

ほとんど不可能ですね。

 

その為に休むことも知らなければなりません。

休む時とは、マーケットが緩慢なときや大損したときなど

一気に休まなければなりませんね。

 

1年間ほとんど大相場が来ない年も稀にありますが、

大体何らかの動きがあって相場を形成してくるものです。

 

大多数の人の悩みは、

 

トレードプランを立ててエントリーしなければならない

タイミングで様子見をしていることです。

 

マーケットが想定した通り動き出すことを十分確認してから

エントリーしますが、それでは遅いんです。

 

魚の尻尾しか残っていないタイミングでエントリーすることは

勝つ確率が極めて低いと言わざるを得ません。

 

だからこそ

 

どちらでもないもみ合い相場や方向感の無い展開では

休まなければなりません。

 

絶え間なく、あるいはチャートを見たらすぐにエントリーしていると

長く生き残る可能性は低いでしょう。

 

焦ることは無いです。

 

じっくり自分のタイミングでトレードしましょうね。

 

ではまた…

 


人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村