こんばんわ、カリムです。

 

今夜は、21時30分より注目のアメリカ雇用統計発表です。

 

ブレグジット問題の後、最初のビックイベントで

どのような影響が出ているのか世界中の投資家が

息をひそめて成り行きを見守っています。
今回の予想は以下の通りです。

(米)非農業部門雇用者数変化 [前月比]⇒18.0万人 (3.8万人)
(米)失業率⇒4.8% (4.7%)
※( )内の数値は2016年6月発表の結果です。

 

7-8-1

一方、テクニカル的にはドル円で検証すると、

ブレグジット問題の下振れ下限98.80付近を

メドに転換上昇となるか?

あるいは更に下振れしてくるのか?

予断の許さない状況です。

98.80を下に切ると下落が加速しやすい状態ですね。

 

まずは、イベント発表前後では手を出さずに、

ある程度時間が経過したら

マイルールに従いトレードするのがベターだと思います。

慌てず冷静に対処しましょう。

 

今週もお疲れさまでした。

良い週末をお過ごしくださいね。

ではまた来週お会いしましょう。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村