こんばんわ、カリムです。

 

先週金曜日アメリカ雇用統計発表では、

非農業部門雇用者数が予想の164.000人に対し

38.000人の統計となり大幅に下回った結果になりましたね。

2010年9月以来の悪い数字です。

 

これに伴い6月の利上げ見送りは濃厚で、

7月でも見送りの可能性が出てまいりました。

 

更にドル円は下落になる可能性がありますね。

 

テクニカル的には

6-6-1

画像はドル円、週足を表示です。

 

105円50銭辺りでサポート&レジスタンスラインがあり

このラインを更に下回ると安倍首相も真っ青の

歯止めの効かない下落相場に突入する可能性がありますね。

 

そうなると黒田総裁も出動してバズーカーを打つ可能性もあり

目が離せない状況です。

 

そして、6/6 月曜日

25:30 (米) イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長、発言

なども予定され何をコメントするか注目です。

 

今年の夏から秋にかけては予断の許さない状況です。

トレーダーは粛々とマイルールを貫き

一喜一憂することなく今週も乗り切っていきましょう。

 

お知らせ

明日火曜日は、カリムは所用があり

ブログ&トレードはお休みになります。

 

また、水曜日お会いしましょう。

ではでは


人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村