こんばんわ、カリムです。

昨夜のトレードでポンドNZDは、

伸ばし過ぎて放置していたら

建値まで戻ってきてしまいプラスマイナスゼロの

建値決済で終了しました。

欲張りでしたね。

 

さて、今日は注目の

アメリカ雇用統計の発表です。

 

この結果次第では、金利引き上げの材料に

大きな役割を果たすと報道されていますが、

結果は以下の通りです。

 

以下引用

 米労働省が発表した5月の米雇用統計は非農業部門雇用者数が3万8000人増となり、
2010年9月以来の小幅な伸びとなった。予想の16万4000人増も大幅に下回った。

米通信大手ベライゾン・コミュニケーションズ のストライキのほか、財生産部
門の雇用が軟調となったことが響いた。米連邦準備理事会(FRB)の利上げが困難にな
る可能性がある。    
失業率は4.7%と、前月の5.0%から低下し、2007年11月以来の低水準と
なった。


6月の利上げは、見送りして次回になる可能性が出てきました。


そして、次のイベントはFOMC、イギリスEU離脱問題です。

マーケットはもう次を意識し始めますね。


そして、カリムはノートレです。

今週もお疲れさまでした。

良い週末をお過ごしくださいね。

ではまた来週


人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村