2-2-2

こんばんわ、カリムです。

連日、低ボラティリティで方向感の無い

展開が続いており、我慢の時期ですね。(カリムはノートレ)

忍耐力が試されそうです。

 

昨日は、カリムコラムなので今日は志向を変えて

ファンダメンタル分析です。

 

今週の注目指標は、画像にもあるように

2/4 木 イングランド銀行政策金利発表や

2/5 金 アメリカ雇用統計発表などです。

 

特に米 雇用統計の内容次第では利上げ政策に

影響を及ぼすと観られていて注目です。

 

また、この画像には表記されていませんが、

明日、2/3 水 黒田総裁の発言もあるので

注視したいと思います。

 

それと、2/8月曜日からは中国が春節(旧正月)で

2/12金曜日まで市場がお休みになるので

一部報道では長期休暇前にサプライズ金融緩和政策が

発表されるのではないかと囁かれています。

 

そうなるとまた乱高下が予想されますね。

 

昨日、コラムでも書きましたが、先の市場はどうなるか

予想出来ないので何事も起こり得ると捉え

自分を信じてマイルールに従って

エントリーしていきましょう。

 

一番やってはいけないのが、わぁ~と騒いで

感情的に

エントリーしてしまう事ですね。

 

トレーダーは冷静に大胆にです。(矛盾してますね。)

 

今日はこの辺で

ではまた明日。

 

 

 

 


人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村