こんばんわ、カリムです。

クリスマス休暇も終わり週明け動きが出るか

相場を監視してましたが、

方向感の無い展開でチャンス無く

ノートレ―ドです。

 

そこで、今日はノートレ恒例の

トレーダーコラムで、

テーマは損失と上手なつき合い方です。

 

損失は誰もが避けたい事で、

落ち込んだり、やけになる要因でもありますね。

 

そんな時は、

 

損失が発生した場合の受け止め方次第では、

一般トレーダーのままか、成功トレーダーになるか

道が分かれる事になります。

 

どんなに優れた手法、相場分析、

メンタルが前向きでも損失は避けられないものです。

 

プロゴルファーがボールを無くさない事は避けられないのと

同じで、相場は気まぐれで、不規則に動き、

毎日相場参加者の数や人が違うので、

いつも利益が得られるとは限らないですね。

 

成功しているトレーダーは、損失は当然の結果であり

例えば、小売店なら販売する商品の仕入れ額であり、

トレーダーにおいては経費であると認識しています。

 

そして、エントリーする段階から自分に不利な資金

感情を理解してリスクを受け入れ淡々とエントリーしていくのです。

それは、心が無の状態ですね。

 

逆に一般トレーダーは、自分の思考した方向しか

見えてなく、ただただ期待しているのです。

 

それでうまくいく事もありますが、そうでない時は

落ち込み、相場を責めて精神的苦痛を味わってしまいます。

 

そして、起きている現実を回避したいために、

相場が自分に損させているとか、トレード環境が悪いなどと

責任回避の感情が湧いてきて、自分を誤魔化そうとします。

 

でも、それらの感情は誰にでも持ち合わせているもので、

ごく普通の反応ですね。

 

トレードで成功、常勝トレーダーになるには、

その感情を受け入れ、自分オリジナルの対策を

取るのが近道になります。

 

トレードは奥が深いですね。今日はこの辺で

ではまた….


人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村