こんばんわ、カリムです。

今日はアメリカFOMC政策金利発表を

控え様子見の展開ですね。

ただ午前中、オーストラリア指標発表で

AUDやNZDで動きがありましたが、

用事有って入れず、

カリムはノートレでした。

 

そして、FOMCでは金利は据え置きの観測が

流れ、更に方向感を失っているようですね。

 

以下参考記事

米連邦準備理事会(FRB)は27━28日の連邦公開市場委員会(FOMC)で政策金利を据え置く見通しだ。

米経済や世界経済に逆風が吹いていることに加え、記者会見も予定されておらず、「12月利上げの可能性を説得力のある形で市場に示せないのではないか」との見方が出ている。

FOMC声明の発表は米東部時間28日午後2時(日本時間29日午前3時)。

ロイターのエコノミスト調査によると、調査対象の46人全員が政策金利の据え置きを予想。過半数を若干上回るエコノミストが12月の利上げを予想しているが、金融市場が織り込む12月利上げの確率は30%にとどまっている。来年3月利上げの確率は54%。

イエレン議長は年内利上げが「適切」との見解を示しており、今回のFOMC声明で、世界経済の懸念要因が減ったと指摘し、利上げに向けた地ならしを部分的に進めることは考えられる。

ただ、国内の経済指標は力強さに欠けており、FOMC内で「今後の指標を見極めるべきだ」との声が強まる可能性がある。

このため、市場では、今回のFOMC声明は前回の内容を概ね踏襲する形になる、との見方が出ている。

 

このような記事が出ているので

発表後の流れで動きが出るのを

待ちましょう。

 

今日はこの辺で

ではまた….

 


人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村