4-24-2a

こんにちわ、カリムです。

ユーロ圏内、ギリシャではまだまだ債権問題で

もめているようで先行き不透明感が漂っていますね。

チャートにも表れています。

 

以下引用

ギリシャと国際債権団の協議は、同国が改革を実行する見返りに支援資金を受け取るという点で合意が成立する見通しが立たず、財政破綻までの距離がさらに近くなってきた。

こうした中で今までチキンゲームを繰り広げていたギリシャと債権団は、今度はいざ破綻した場合の責任を相手に押し付けようと非難合戦を展開している。

欧州各国の首脳、欧州中央銀行(ECB)関係者、ギリシャの政治家が足並みをそろえているのは、ギリシャが破綻し、デフォルト(債務不履行)が起きたとしても、自分たちがその元凶とされるのは御免だという姿勢だけだといえる。

 

 

こんな感じで、責任のなすり合いです。

注意深くユーロ関連は見ていきたいですね。

 

さて、画像の方は先週の金曜日にトレードした

ユーロオージーです。

急上昇からのもみ合いの中、

23日深夜に付けた安値を再度試しに行って

そこから上昇トレンドになりそうだったので

押し目を待ってのロングエントリーです。

 

その後、23日深夜に付けた高値を抜けるか

見ていましたが、何度も抑えられ上昇エネルギーが無くなったので

ライン付近で利確しました。

 

確定後は、20P程上昇→下落→もみ合い

の流れですので微益ですが良しとしましょう。

 

EUR/AUD M15 +29.6 Pips

 

今週もよろしくお願いします。

ではまた….


人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村