こんにちわ、カリムです。

昨日は体調不良でブログお休みしてしまい

楽しみにして頂いている読者の方には本当に申し訳ないです。

今日からまた頑張りますね。

 

さて、今日のお話しはトレーダーの視野(時間足)についてです。

カリムのトレードが安定して収益を上げられるようになったのは、

トレードにおける意思決定(環境認識)をするのに複数の時間足を見る様に

なってからです。トレード初心者の頃は、5分足しか見ないトレーダーで

他の時間足には目もくれない状態でした。

 

自分が探しているのは一瞬の小さな動きで、

1時間足や4時間足などの監視で時間を潰したくないとの

思いがあったからです。

 

しかし小さな動きを狙っているだけなのにエントリーするたびに

逆行しては損切りになりなぜだろう?? と

悩んでましたが、そのうちに一つの時間足しか使わない事は

ゴルフに例えれば、ドライバーとパターだけでゴルフしているような

ものだと気付いたのです。

 

ゴルフでいい成績を残すには、距離や状況に対応した

クラブが必要ですね。トレーダーも同じで、

基本的な時間足だけでなく幅広く

多くの時間足を見ることにより視野が広がります。

 

視野が広がれば市場の変化に敏感になり

エントリー→ 即損切りの状況を打破できます。

 

大きな時間足を見ることはサポートラインや

レジスタンスラインの発見にも繋がりメジャートレンドが

把握出来ます。

 

そして、メジャートレンドがつかめればどの方向に

トレードすればよいかが分ってきますね。

 

日足、週足チャート上がアップトレンドであれば

ロングエントリーが高確率トレードになります。

 

トレードする方向が定まったら次に短い足に

視点を移しタイミングを合わせてエントリーすれば

そうそう即逆行にはならないと思います。

 

よく誰かに監視されているようだと感じるトレーダーが

いますが、それは個人を監視しているのではなく

そのトレーダーが狭い視野の中でトレードしている事

なんですね。(近視眼的トレード)

 

そのような事にならないようしっかり環境認識をして

トレードプランを立ててエントリーしましょうね。

 

では今日はこの辺で…..

 


人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村