こんにちわ、カリムです。

昨日は、ロンドンタイムに株価が下がり

ユーロ円なども調整下落になりましたね。

148円割るか見ていましたがその後持ち直して148.60付近で

今朝はもみ合いですね。

 

さて今日のお話はトレーダーの成長度合いを

判断するモノサシについてです。

トレーダーは個々の取引の勝敗によって成長の度合いを

判断していると思いますが、それだけで判断しては

いけないという事です。

 

なぜか??

 

勝つ度合いが負ける度合いよりも多ければ

トレーダーとして成長していると判断することは確かですが、

勝ち続けることが出来るトレーダーというのはまた別ですね。

 

トレーダーは勝つことによって成功している訳ではなく

成功しているから、勝つことが出来るんですね。

 

常勝トレーダーは、成長過程で長いトンネルの中をさまよい

無事に抜けられて初めて光が射してきます。

トンネルの中ではなかなか勝てずそれでも一歩、一歩と

前へ進みますが、ほとんど勝つことが出来ませんね。

残念ながら、トレーダーの多くは苦しい損失の中で

成長している事が実感として感じられず、あきらめて

しまう人がいます。

 

トレーダーの成長を見極める事としては

同じ負け方を何回繰り返しているか

客観的に見る方が妥当ですね。

 

トレードの記録をつけて自分の過ちをみつけ

それに対して対策を練る。 この繰り返しです。

そしてこれらを繰り返していると

いずれ負けは勝ちにつながりトレーダーとして成長するのです。

常勝トレーダーになるには、成長するサナギの期間が有り

これを理解することが出来るトレーダーは

長く生き残れる確率が高いと思います。

 

人の行く裏に道あり花の山とはこの事ですね。

実に深い言葉です。

 

今日はこの辺で…..


人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村