10-30-1

んにちわ、カリムです。

本日深夜、発表されたFOMCですが予想と少し違っていたようで

テクニカル分析とは逆方向の相場展開になりましたね。

以下ニュース記事です。

 

29日に公表された米連邦公開市場委員会(FOMC)の声明は、予想以上にタカ派的との見方が広がり、ドルは主要通貨に対して買われる展開となった。市場参加者の間では、「労働資源の未活用の程度は、徐々に縮小する」との見解が表明されたことで利上げ時期は早まるとの思惑が再浮上している。

 

 

そして来月2日から冬季時間となりいよいよ寒い

冬がやってきますね。カリムはこのサマータイムからウィンタータイムへ

移行すると実感が湧いてきます。

また11/4はアメリカ中間選挙がありますが

その動向次第ではまた値動きが活発になる可能性が高いですね。

 

さて、画像の方は、スイングトレードしていた

ドルスイです。記事からも分ると思いますが、

FOMCで逆行になり朝起きたら損切りになっていました。

 

USD/CHF 4時間足 -41.4 Pips

 

重要指標発表の時 (米 雇用統計は除く) のポジション保有ですが、

事前にポジションを閉じて様子を見るのと

保有したままやり過ごすのと

意見が分かれるところで正解が在りませんが、

カリムの今迄の経験では保有していた方が結果はいいですね。

まぁマイルール通りでしたのでよしとします。

 

またいいチャンス見つけますね。

 

ではでは…….

 

 


人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村